自然素材の家は傷みやすい?

自然素材の家というのに明確な定義はありません。一般的に抱かれるイメージは、ログハウスのような家や伝統技法で作られた旧家なのではないでしょうか。内装などの仕上げ素材として、左官塗り壁や無垢の木・石や和紙などの自然の素材を使っていればそれが自然素材の家だと言われています。自然素材は柔らかい質感や職人の技によるニュアンスある仕上げなど、触り心地や見た目が心地よいものが多く近年人気が高まりつつあります。

しかし、ぬくもりがある質感や室内環境づくりに適していますがデメリットが無いわけでもありません。傷に対して言いますと、無垢材のフローリングなどは椅子の脚や掃除機・車輪のついたおもちゃなどに対する耐性は合板材にはかなわないでしょう。汚れや水にも強くないため、飲食物や泥などが付けばシミにやりやすく手入れをきちんと行わないと目立つ恐れがあります。長時間水がついたまま放置すれば、素材が脆くなって傷みやすいというデメリットも挙げられます。

水分は完全に拭き取りきれないことが多いので、カビにも気を付けなくてはいけません。水分変化が起こると木材が反ったり割れたりしやすくなります。しかし、無垢材のフローリングは既製品のフローリングとは異なり、夏場のベタつきや冬場の冷たさとは無縁です。どの季節にも丁度良い体感温度と湿度を保ってくれますので心地よく過ごすことが出来るでしょう。

壁を自然素材にすれば、タイルなどに比べますと軽いので躯体に負担が掛からず住宅を長持ちさせるというメリットがあります。凹凸があって多孔質な質感は湿度も調節してくれるそうです。左官の壁は吸収する壁とも言われており湿度の高い時は水分を吸い込んでくれます。湿度が低い時は内部に留めておいた水分を少しずつ放出して、室内の乾燥を緩和する性質を持っています。

左官材には水分以外にもニオイの吸着効果もあり、半永久的に穏やかな効果が続くというメリットもあります。一度汚れが付きますと目立つため手入れも必要な自然素材ですが、柔らかい質感で長く住み続けるならおすすめです。お手入れの仕方次第では、既製の建材よりも美しい状態で長持ちさせることができるでしょう。

フローリングや左官壁など、自然素材のお手入れ方法は既製の建材とは異なりますので、事前に調べておくことが大切です。確かに傷みやすいという一面は持っていますが、取り扱い次第では美しい状態を維持させることができることを知っておきましょう。