床下暖房は効率的な冷え性対策!

床下暖房は足元から暖めてくれますので、近年リノベーションするときに人気が高まっています。最新の新築マンションには殆ど床下暖房機能がついているそうです。大きく分けて電気式と温水式があり、電気式は床下に設置した発熱体に電気を通して放熱します。構造がシンプルなので施工しやすくリフォーム時に設置することも可能です。

床下暖房のスイッチ一方で温水式は床下に設置した温水パネルに、電気やガスで暖めた温水を循環させる仕組みになっています。温水パネルやパイプの配管工事などがあり施工には手間が掛かるというデメリットがありますが、電気式に比べますと立ち上がりが早いというメリットがあります。

電気式のコストは、初期費用が約60万円で月あたりの費用は約13,000円だそうです。ランニングコストは高めですが日頃のメンテナンスは不要であり、建物と同等の耐用年数です。温水式のコストは、初期費用が約80万円で月あたりの費用は約8,000円だそうです。初期費用は高めですがランニングコストが低いので、長く使い続ければお得かもしれません。また、温水式は定期的に不凍液の入れ替えが必要です。

床下暖房はエアコンやファンヒーターのように、暖かい空気が部屋内を上昇しないため足元が温まりやすく冷え性の人にはおすすめだというメリットがあります。遠赤外線の輻射熱により、床からじんわりと部屋全体が暖まりますので体温も維持出来て床で過ごす時間が快適になるでしょう。しかし、エアコンのようにスイッチを入れてもすぐに暖まらないというデメリットがあります。初期費用も何十万と掛かりますのである程度の費用を用意しておかなくてはいけません。

床暖房対応のフローリングは、木材の収縮を防ぐために通常のフローリングよりも含水率が低くなっています。床材と発熱パネルが一体となったものや床暖房に対応しているフローリングもありますので、好みの肌触りやインテリアに合わせて選ぶと良いでしょう。

床下暖房はエアコンやファンヒーターに比べますと、暖まるのが遅いというデメリットはありますが一度暖まればじんわりと体温が熱くなり冷え性対策に良いと言われています。新築マンションには既に導入されているほど人気のあるものですが、リノベーション工事をするときは初期費用が多く掛かりますので事前にいくらになるのか確認すると良いでしょう。空気を汚さないで乾燥もしませんので、肌荒れが気になる人やハウスダストが気になる人は是非チェックしてみましょう。