マイホームを検討するなら工務店に相談

マイホームを購入する時に必ず直面するのが、工務店とハウスメーカーどちらに頼んだらよいのかということです。
ハウスメーカーも工務店も明確な定義はなく、会社によって様々なタイプがありますので境界が曖昧だという点が挙げられます。
しかし、マイホームを検討しているのであれば工務店に相談することをおすすめします。

工務店に相談する女性工務店は地域密着型なのでハウスメーカーよりも小規模な会社が多く、結婚を機に家を持ちたいや子供が大きくなる前に家を建てたいなど、お客様の要望を聞きながら一緒に作ってくれます。
柔軟性もありますので、相談をしながら自由度の高い間取りをつくりあげることも可能です。
ハウスメーカーは規格商品を取り扱っているため条件やプランに制限がありますが、工務店ならそういったことはありません。

子供部屋が欲しい、結婚するのでキッチンなどお部屋にはこだわりたいなどの条件をつけたい人や、特殊な形状の土地・狭い土地に家を建てたいという人には大きなメリットになるでしょう。
しかし、ハウスメーカーよりも細かい要望が出せる分、工期が長くなる場合も考えられます。
会社の規模が小さいので経営状況の不安や提案力が不足しているなどの不安要素もありますので十分に気を付けましょう。

信頼できる工務店を探すためにも、住宅完成保証制度に加入しているかどうかをチェックしましょう。
住宅完成保証制度に加入していれば、万が一会社が倒産したときも別の建築業者や工務店の引継ぎで生じた追加費用や前払い金が保証されます。
新しく掛かる費用を最小限に抑えることができますので安心です。
また、一級建築士や二級建築士・一級施工管理技士などの、有資格者がどれくらい会社に在籍しているのかというのも技術力を見極めるポイントとなりますのでチェックしておきましょう。

工務店のホームページがしっかりとあり、更新も行われているかどうかというのも信頼できるかどうかを見極めるポイントとなります。
社長自ら営業を行い、活躍してホームページに載っているところは信頼性も確かだと言えます。
地域密着型ですので、口コミを確かめてみるのも良いかもしれません。
悪い評判があれば、すぐにSNSで広まるため何十年と長く営業をしており、施工数が多い工務店は信頼できる目安となるでしょう。

マイホームは一生に一度の高い買い物ですので、気軽にいろんな悩みを相談できて、安心して施工を任せられる工務店を見つけることが大切です。