MENU

成分を徹底調査しちゃいました

美歯口成分

自宅で出来るオーラルケア製品の「美歯口」。

 

この美歯口を使い続けていくうちに、ホワイトニング効果、虫歯予防効果、歯石除去効果、歯周病予防効果、口臭予防効果が期待できるのです。

 

こんなに凄い美歯口の成分はどんなものを使っているのか、興味が湧いてきました。

 

美歯口の成分は一体どんなものかな?

 

美歯口の成分を調べて、美歯口の凄さを今一度見直してみましょう。

 

美歯口の主成分

 

まず、歯の主成分ハイドロキシアパタイトとほぼ同じ成分である帆立貝殻由来のヒドロキシアパタイトを配合されていました。

 

これは日々の食生活や歯磨きの際にどうしてもついてしまう傷(黄ばみの原因)を修復してくれ、ステインの付着を予防することにより、白さがキープできるとのことです。

 

また市販の歯磨き粉にありがちな研磨剤も入っていませんし、安全な天然成分由来のものが主成分ですので安心して子供からお年寄りまで使えます。

 

また実際使用すると分かるのですが、発泡剤不使用ですので、少々泡たちは悪いです。

 

ですが、ここがポイントで、泡がない分しっかり歯が磨けます。

 

つまり、磨き残しが少なくなるということなのです。

 

つまり、磨き残しがほぼなくなってしまうので、まだらになることはまずありません。

 

美歯口の全成分

 

炭酸Ca、水、グリセリン、ソルビトール、PEG-8、含水シリカ、キシリトール、ラウロイルグルタミン酸Na、酸化チタン、ヒドロキシアパタイト、カラギーナン、キサンタンガム、三リン酸5Na、メタリン酸Na、グリチルリチン酸2K、スイカズラ花エキス、タウリン、リシンHCI、グルタミン酸、グリシン、バリン、アスパラギン酸Na、トレオニン、アラニン、イソロイシン、アラントイン、フェニルアラニン、アルギニン、プロリン、チロシン、イノシン酸2Na、グアニル酸2Na,ポリソルベート80、白金、ハッカ油、スペアミント油、エタノール、銀、酢酸、フィチル酸、炭酸水素Na,フェノキシエタノール

 

以上書き出してみました。

 

有害なものは全くありませんし、香料も安全な天然成分由来のハッカ油やペパーミント油を使用しているので、使用後の爽快感が全く市販のものとは異なります。

 

成分を見ると、虫歯を防ぐキシリトールが配合されていますし、ポリリン酸Naなどがバランスよく配合されていました。

 

磨けば磨き続けるほど、自然な白さの美しい歯に導いてくれるのです。

 

継続は力なりなので、即効性を追うのではなく、毎日の継続が大切なのですね。

 

この主成分のヒドロキシアパタイトやポリリン酸Naが自然できれいな白さ(歯、本来の白さ)を持つ歯に導いてくれるように配合されています。

 

時々いらっしゃる不自然な白さの歯、外国では「便器のような白さ」と言われるそうです。

 

歯医者さんでお金をかけて白くしてもらい、「便器のような白さ」なんて言われたら、ショックだと思います。

 

不自然な白さより、毎日安心して継続して使える美歯口をつかって、歯本来の白さにゆっくり戻していく。

 

この美歯口、安心な成分が配合されていますので、安心して使っていきたいです。

 

>>美歯口の詳細はこちら